鳥の唐揚げ
材料 (4人分)
鶏のムネ肉 400g
しょうが 3かけ
片栗粉 適量
【調味料】
しょうゆ
日本酒
塩・こしょう
大さじ3
大さじ3
大さじ2
適量


  1. 鶏肉は一口大に切る。
  2. しょうがは皮をむき、すりおろす。
  3. 鶏肉、すろおろしたしょうがとその汁、調味料をバキュテナーに入れる。
  4. フタをし、パワーポンプで空気を抜いて10分程待つ。
  5. フタを開け、鶏肉に片栗粉をまぶす。
  6. 160度程に温めた油(分量外)で鶏肉を揚げればできあがり。
  • お好みで、調味料に粉末の八角や五香粉を混ぜて中華風にしてもおいしいです。
  • カロリーが気になるので揚げ物はちょっと…というかたは、5の工程のあと皿に重ならないように並べてラップをかけ、レンジで温めても、さっぱり美味しくいただけます。
カラアゲ調理例
鶏唐揚げの南蛮漬け
材料 (4人分)
鶏モモまたはムネ肉 500g
玉ねぎ 1/2個
人参 1/3本
ピーマン 2個
赤ピーマン 1個
【調味料】(三杯酢)
砂糖

薄口しょうゆ
カップ2
大さじ6
小さじ2
小さじ2
小麦粉 適量


  1. 鶏肉は厚さ1cmの細切りにする。
  2. 玉ねぎは厚さ4〜5oの薄切りに、にんじんは3〜4o角、長さ5p千切り、ピーマン2種は短冊切り、赤唐辛子は小口切りにする。
  3. 三杯酢の調味料を混ぜ合わせる。
  4. 1の鶏肉に薄く小麦粉をまぶし、余分な粉をはらい落とす。
  5. 4を165〜170℃に熱した揚げ油(分量外)でこんがりと揚げる。
  6. バキュテナーに揚げた鶏肉と野菜、三杯酢と赤唐辛子を入れる。
  7. フタをし、パワーポンプで空気を抜いて20分程待つ。(途中、鶏肉を裏返すとなお良い)
  8. フタを開け、調味料と一緒に器に盛り付けたら、できあがり。
  • できたてのから揚げは、粗熱を取ってからバキュテナーに入れてください。
  • 前日多めに作ったから揚げ(鶏肉・小あじ・ワカサギ・キスなど)を再利用すると経済的です。
  • また、お総菜屋さんなどの既製のから揚げを使えば、もっとお手軽にできます。
鶏スペアリブの香味焼き
材料 (4人分)
鶏スペアリブ 16本
しょう油 1/2カップ
1/2カップ
七味唐辛子 適量
山椒粉 適量


  1. バキュテナーにしょう油、酒を入れてから、スペアリブの皮を下にして入れる。
  2. フタをし、パワーポンプで空気を抜いて10分程待つ。
  3. フタを開け、熱した焼き網にスペアリブの皮を下にして載せる。
  4. 皮に焼き色がついたら、裏返し中に火が通るまで焼く。
  5. 焼きあがったらスペアリブを器に盛り、半量に七味唐辛子、半量に山椒粉をかけたら、できあがり。
  • ピリカラで食欲を増します。お子様のいる家庭では、七味唐辛子や山椒の代わりに、レモン汁をふりかけても美味しくいただけます。
鶏ムネ肉のパセリ焼き
材料 (4人分)
鶏ムネ肉 1枚200〜300gを2枚
パセリ 2本
オリーブオイル 大さじ3
塩・こしょう 適量


  1. 鶏ムネ肉に塩・コショウをしたあと、表面全体をフォークで刺し小さな穴をあける。 >
  2. パセリは茎をはずし、細かく刻む。
  3. バキュテナーに鶏肉、パセリ、オリーブオイルを入れる。
  4. フタをし、パワーポンプで空気を抜いて10分程待つ。
  5. フライパンを温め、皮側を下にして鶏肉を入れフタをし、中火できつね色になるまで焼いたら、やや火を弱めさらに5分ほど焼く。
  6. 鶏肉の中まで火が通ったら、できあがり。
  • オリーブオイルに漬け込むことで、パサっとしやすいムネ肉もジューシーに仕上がります。